カードローン返済に大切なこと

 

数あるローンの中でも、自由度の高いのが「カードローン」です。
借入限度額の空き枠があれば基本的にいつでも自由にお金を借りることができ、その使い道も特段制限されていません。
事業性資金やギャンブル、投機資金などの使い道以外であれば利用者の裁量で使うことができます。

しかしカードローンの利用には、必ず返済が必要です。
自由度が高い分、返済について注意しながら利用しなければ、たちまち困窮することになるでしょう。
そこでカードローンの返済についての注意点について考えてみましょう。

○金利が高い

カードローンは、他の目的型ローン(住宅ローンやカーローンなど)と比較して自由度の高い借り方ができます。
その分、金利が高めに設定されているのが特徴です。
最近のカードローンは低金利化が進んでいるとはいえ、それでも目的型ローンよりも数段階高い金利となっています。
金利が高いということは、その債務整理費用負担も大きいということですので注意が必要です。

○リボ払いに注意

最近のカードローンでは「リボ払い」が主流となっています。
リボ払いでは、毎月の返済金額自体は少なくなりますが、その分完済までに時間がかかります。
つい便利だといってたくさん借りてしまうと、永遠に返済を続けていかなくてはいけません。
とくに借入残高に応じて返済額がスライドする「残高スライドリボ払い」では注意が必要です。

○借り過ぎない

カードローンを使っていると、ある錯覚に陥ることがあります。
ATMなどから気軽に現金を引き出すことができるので、自分の預金口座から現金を引き出していると勘違いしてしまうのです。
カードローンの返済に困っている方は、つい借り過ぎて債務が膨らんでしまった方も少なくありません。
カードローンはあくまで借金であることを常に意識しておきましょう。